2009年11月29日

木におもう

先週は膝にくわえ、背中も痛みきつかった。昨日、今日は、財政難につき自宅謹慎。なのに、整形外科の帰りにブックオフに行ってしまいました。実は、出かける前に東山魁夷さんの番組をみて、本を探してみたかったのです。木との対話。一枚の葉に語りかける視線がいいですねえ。昨年の落葉の頃、芽だった葉が、緑に染まり、今散っていく。その跡にまた固い芽が時をまっている。命のいとなみ。 「地球(ガイア)をつつむ風のように」のなかに龍村さんが、新宿御苑の楓の大樹を「私の樹」として木とあいさつするところがあります。手をとおして心をつたえ、木の言葉を、からだの六十兆の細胞で感じ取ると。私もなんとか感じたいと、私の木を探しはじめました。きゅうりのつるが人を見る件は、巻きついてくらたので体験しました。次はなんとか木と挨拶したい。東山さんは、心で会話。わたしは、細胞に木の言葉を受けてみたい。そんな折、石井さんが、田口ランディさんの本を貸してくれました。パラ読みすると、トトロの好きな娘さんの話がありました。トトロいないね。って言うんだそうで。めいちゃんがトトロにであった木も神社の木だった。田口さんも木に惹かれ大きな木を探しているらしい。大きな木は神社に多いと。そこが神との交信の場だったと。昔の人は、木と頻繁に挨拶してたのかも。ミネハハさんの歌「ありがとう地球」では木が象徴として出てきます。ありがとうといっただろうか。木に。地球に。
 「大きな木とおばあさん」 おおきなきの下で、おばあさんが手拍子していた。まるで木と歌っているようだった。おばあさんが子供の頃、木も若かった。お母さんと木の根元で遊んだ。おばあさんが娘だった頃、木の根元で本を読んだ。おばあさんが結婚したとき、木も笑ってくれた。おばあさんが大切な人を見送るとき、木も鳴いてくれた。おばあさんの子供たちを、木もいつくしんでくれた。おばあさんは、巣立っていく子供たちをこの木と見送った。道路が立派になり、木の根元が歩道になってしまったけれど、そこは、おばあさんの指定席。今日もおばあさんはそこに来て手拍子している。(本吉で見たおばあさんと木のイメージ)さてさて、金もないけど、ピーコさんの「片目を失って見えてきたもの」と「結晶物語」を買いました。210円なり。

アルバムから雑司が谷鬼子母神にて
105530.JPG
posted by かっぱ at 15:42| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

夏影

posted by かっぱ at 22:26| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連休でしたが。

先週は膝がいまひとつで。現場が中階段だったりときつめでした。寒いと思えば暑いし、前の日寒かったので昼にカップ麺を持っていくとぽかぽか。寒風の帰りにガリガリくんを食べるなど、気温と気分がずれていました。
ラピュタも風呂の時間をのぞき、見れました。
土曜日は松戸池田講堂にチャリンコで行きました。アメリカの若い映画俳優さんに、心の大切さ、師に向かう姿勢というものを学びました。ブラジルもすごい、アフリカもすごい。今回も目をしめらせてきました。
家では、イライラパソコンをあれこれいじりどつぼに。予期せぬ下の娘から電話があり、うれしかったです。
隣へはみだすため切りたおしたシュロの木を小さく切りました。これが一番きらいな作業です。気分悪し。
今日は、午前は会合。午後は21世紀の森へ、自分の木を探しに行きました。が農業まつりとやらをやっていて、人も多かったです。紅葉は最高。帰りに金ケ作公園にもいってみました。

141318.JPG

141512.JPG

141128.JPG
金ケ作公園
150114.JPG

posted by かっぱ at 16:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。