2011年11月14日

一番高い木に。

「宇宙方程式の研究・小林正観の不思議な世界」のなかに正観さんが八ヶ岳で遭難しかけた時のエピソードがあります。
軽装での登山。深い霧に包まれ下山ルートがわかりません。
「本当に困ったとき、自分の力がどうしても及ばない時、近くに樹木があったら、
そのうちいちばん大きい樹木に手をあててお願いしなさい」
ある人から聞いたことばを思い出し、我を忘れてお願いした時
透明な心になったとき、霧の一角が晴れ、下山の道がみえたそうです。
このまえ松戸の風早神社に銀杏を訪ねたとき、お願いはしませんが、
手をあてて、挨拶しときました(^O^)

IMGP5592.jpg

IMGP5594.jpg

IMGP5605.jpg























IMGP5612.jpg






















IMGP5619.jpgIMGP5630.jpg


posted by かっぱ at 21:26| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。